重厚、でも懐かしい 大阪・なんばグランド

創業100周年を迎えた吉本興業の常設お笑い劇場「なんばグランド花月… 創業100周年を迎えた吉本興業の常設お笑い劇場「なんばグランド花月」(NGK、大阪市中央区、858席)の新たな外観が5日、お披露目された. 「伝統と革新」をテーマに重厚で懐かしさを感じさせる造り. 8日にオープンする. 建物正面に伝統的な建築様式である唐破風をアレンジした玄関を設け、群馬県の工芸品「沼田指物(さしもの)」による芸人の看板を掲げた. 劇場だけでなく、うどん、たこ焼きの有名店、地方の特産品を扱う店、アイドルグループ「AKB48」の関連商品の販売店も入り、観劇以外でも楽しめるように配慮した. 年間約85万人だった劇場の観客を今年度は120万人まで伸ばすのを目標としている. wespiseter 吉野伊佐男・吉本興業会長は「観劇はもとより大阪の『食』をテーマにした店がそろった. mupucentbar 地域の魅力を全国に発信するお手伝いをして、日本を元気にする一助になれば」と話した. (篠塚健一).

Advertisements
This entry was posted in Uncategorized and tagged . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s