消費者物価、前年度比横ばい 11年度

2011年度の全国の消費者物価指数は、価格変動の大きい生鮮食品を除いた総合指数(2010年=100)が99.8となり、前年度比で横ばいとなった. 09、10年度と2年連続で前年度を下回ったが、3年ぶりにマイナスから脱した. 総務省が27日、発表した. テレビや冷蔵庫など電気製品の価格は下落幅はなお大きいが、原油高の影響もあって、ガソリン価格や電気代などが上昇している. プーマ セル金属キャット II 低 総務省は「足元の動きは小さく、横ばいの基調」とみており、緩やかな物価下落に歯止めがかかりつつあるとの認識を示した. ただ、モノの値段が下がり続けるデフレから抜け出すため、日本銀行が事実上のインフレ目標として設定した物価上昇率のめどの「1%」とはまだ開きがある. 民間調査機関はおおむね、12年度の消費者物価上昇率は0%近辺と予想しており、「1%」の達成はそうたやすくはない. エアジョーダン2011白赤ドウェイン·ウ

Advertisements
This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s