同意なく鎮痛剤で臨床研究 宮崎大、麻酔科

宮崎大学(宮崎市)は20日、医学部付属病院で麻酔科の助教が、医学部倫理委員会の承認や患者の同意を得ずに薬剤の効果を比較する臨床研究を行っていたと発表した. 発表によると、40代の男性助教が昨年2~5月、手術の成人患者44人に対し、国の倫理指針が定める倫理委の承認や患者の同意を得ず、硬膜外麻酔の痛みや緊張を和らげるために投与された4種類の鎮痛・鎮静剤の効果について得られたデータを研究に流用していた. いずれも一般に用いられる承認薬で、投与量も問題ないという. 助教は昨年5月、医局会で麻酔科教授の指摘を受けて倫理委に申請し、10月まで研究を継続. アップルのもう一つのブローアウト四半期: ヴァイスシュヴァルツ』に『アクセル・ワー 11月に内部告発の文書が菅沼龍夫学長、池ノ上克病院長らに届いて、大学側は申請前の研究について調べた.

Advertisements
This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s